ネオのウェーダー再利用

やっとやれた。
家でゴミとなっていた穴の開いたネオのウェーダー、
嫁から早く捨てろと。。。 
いやこのまま廃棄するのはもったいない!

今年買っておいたネオ、ナイロンウェーダーのヒール部
をスパイク仕様に変更。 
変更と言っても新品でシングルソールが付いてるため
カカト部分のみを2層のヒール仕様へ変更しスパイクを埋める。
(カカトにスパイクが付いてるだけでも安心感は向上)

と言う事で、フェルトスパイクのスパイク(釘)の再利用と
ヒザ部分のトリミングで藪コギでのプロテクター作製。
(プロテクターはまだ手を付けていないが)

早速
<旧のソールをはがし、スパイクを取る>
画像




<Daiwaのネオ>
画像


<双進のナイロン>
画像



別売りの双進フェルトをヒール部形状にカット。
<この時はオルファのカッターで刃を長めに出しカット>
画像


<このスパイクをバーナーであぶり先を新のフェルトへ当て
 スパイクの位置を決める>
画像


<溶けて跡が付く為、ここをリーマーで貫通させる>
画像



画像


全部貫通させる。
画像


ここまできたらあとはスパイクを埋めるだけ。
さっきの様、スパイクをラジペンで挟みサバーナーで加熱
後フェルトの穴に通して行く。
画像

(これで出来た!)

多少元のスパイク自体が摩耗していたりするため加熱した
スパイクで上手くフェルトを溶かしながら表の出代を調節。
画像



その後、埋めた方の穴部分にセメダインを垂らし隙間を埋める。
これで今着いてるフェルトへ貼り付けした時のスパイクのガタを
なくす事が出来る。
画像


これで完了!あとはいつもの様に新品のソールに専用ボンドで
貼り付けし、『スパイク付きヒール完製』 となる。

今日は時間が無いので貼り付けはまた今度。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント